読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーロウならこう言うね

〈常識の溝〉と〈教養の壁〉に挑む、慶應通信教育(71期秋期)法学部乙類入学準備クロニクル。

夏も近づく!

ニコラシカ(@xaqihooo)です。後追い日記継続中。
昨日は「気になるブックリスト」を更新しました。よかったら、参考にして下さい。
tokyo2020.hateblo.jp

今日は、地元で開催されている、「ふじのくにせかい演劇祭」のイベントに出かけてきました。
www.youtube.com

参加したプログラムは、次のふたつ。
festival-shizuoka.jp
festival-shizuoka.jp

今日は好天。午前中はお茶摘みにでかけてきました。
新茶の手摘みは、よく「一芯二葉(いっしんによう)」といわれます。
お茶の木の枝には、その先端に〈芯〉があります。〈芯〉というのは、まだ葉が開いていない「芽」の状態の葉のこと。その下の2枚の葉の部分を「一芯二葉」と言って、伸びたての力があって、でもとっても柔らかい部分だそうです。

でも今年は天候不順で発育がよくないので、二葉の下の葉も一緒に摘む「一芯三葉」で取っていきます。

参加者は約40名。3時間かけて新茶を30Kg、手摘みします(^^;
場所は、静岡市にある舞台芸術公園のなかにある茶畑です。ここを管理されている方にお話を伺ったら、もう20年ここの茶畑を手入れされているとか。

駐車場から歩いて行くと、竹林が切れて茶畑が見えてきました。
f:id:zocalo:20170502091657j:plain

少し高台になったところから眺めてみます。
f:id:zocalo:20170502091843j:plainf:id:zocalo:20170502091922j:plain

近づくと、新芽がすくっと伸びていました。
f:id:zocalo:20170502092046j:plain

これを摘んで、腰に据えた魚籠(びく)に入れていきます。参加者はこの魚籠を使わなければならないのではなく、小さなたも網の袋をもらうのでその中に入れていきます。
f:id:zocalo:20170502092321j:plain

5月ですが陽射しが容赦なく照りつけます。でも、空気が乾燥しているし風もあるので意外に快適なんですね。
1時間ごとに、摘んだ茶葉を計量します。
1時間目は4kg、まったく足りません。たくさん摘んだつもりですが。。。
2時間目は11kg。。。。みんなに焦りの色が。
3時間目は、なんとか20kg達成。ふう。管理農家の方のOKが出ました。
f:id:zocalo:20170502092839j:plain

摘んだお茶は後日、製茶してもらい、参加者に配られるそうです。ちなみに、製茶すると20kgは4kgになるそうです。
お茶をいただくのが、楽しみです。
f:id:zocalo:20170502093719j:plain