読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーロウならこう言うね

〈常識の溝〉と〈教養の壁〉に挑む、慶應通信教育(71期秋期)法学部乙類入学準備クロニクル。

【小さな旅】奥多摩へ #2

ニコラシカ(@xaqihooo)です。後追い日記更新中。もうGW終わったのに('A`)

奥多摩の友人宅に、昨日5/5から家族でお邪魔しています。夜はいつの間にか寝てしまっていました。昼間もビールとお酒で寝てしまっていたのですが、まだまだ眠れました。
夕べの食卓は、こんな感じです。
f:id:zocalo:20170509102448j:plain

悲しいかな、5/6早朝にはしっかりと目が覚めてしまい(歳ですなあ)。
目の前には奥多摩秩父の連山が構えているので、せっかくなのでチョイと散歩してみることにしました。

ちょうどお宅の裏手には、神社がありました。
「川井八雲神社」。
f:id:zocalo:20170509101920j:plain

謂われはよく解らないのですが、「八雲神社」というのは、日本各地にある祗園信仰の神社のひとつだそうです*1。社名は、素戔嗚尊スサノオ)が詠んだ歌「八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣作るその八重垣を」の八雲に因むものということで、出雲の須佐神社を本社とする場合に「八雲」神社と名づけられるとか。ざっとググって調べました。

この神社、階段が急で、入り口はこんなふうにあります。
f:id:zocalo:20170509101957j:plain

ぐんぐん上って、社が見えてきました。獅子舞が有名だということです。
f:id:zocalo:20170509102038j:plain

神社にお詣りをし、下ってぶらぶらとまたあたりを散歩。山並みがつづいています。山上山有り、山亦山といった体。
f:id:zocalo:20170509102323j:plain

友人宅に戻り、昼すぎ、奥多摩駅前へと向かいました。橋下の川原に降りて、みんなで昼ごはんと川遊び。
この川原は、多摩川と日原川との合流地点だそうですが、まだ水が冷たかった!(この日は都心は夏日だったはず)
f:id:zocalo:20170509102744j:plain

さて、ゆっくりと日が陰ってきて、そろそろ帰宅の時間です。
子どもたちはまだはしゃいでいますが、今回の小さな旅もここでいったん区切り。また夏にお邪魔することになりました。
GWもあと一日!
f:id:zocalo:20170509103958j:plain

*1:祇園信仰は、牛頭天王素戔嗚尊スサノオ)にたいする神仏習合の信仰。明治の神仏分離以降は、素戔嗚尊を祭神とする神道の信仰となっている、とのこと。