読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーロウならこう言うね

〈常識の溝〉と〈教養の壁〉に挑む、慶應通信教育(71期秋期)法学部乙類入学準備クロニクル。

臥せっています

ニコラシカ(@xaqihooo)です。後追い日記更新中。

GWが終わって後ろ髪引かれて(引かれたって詮方ないんですが)、駅に向かう・・・はずが、じつはベッドで臥せっています。
詳しくは言えないのですが、起きがけから目まい感とふらつきがひどくなっています。ほぼ終日寝ていましたが、まだ治りません。

老人たちの〈陰惨〉なパーティがはじまった!

今日*1の「やすらぎの郷」から(第21話目、5/1付放映分)

TV界に貢献した人間だけが入居できるという、老人ホーム「やすらぎの郷」。

今回のあらすじは、こちら。(「やすらぎの郷」ホームページより)

白川冴子(お嬢/浅丘ルリ子。元女優で「やすらぎの郷」入居者:引用者註)は自分の誕生日パーティーに来ない不届き者を、〈ナスの呪い揚げ〉儀式に処すため、リストアップを始める。
その数は膨れ上がったが、相手を呪うには1人につきナス1本を揚げて食べなければならないと知って、お嬢は泣く泣く30人にまで絞り込む。そうして迎えた誕生日当日。うってつけの雷鳴が轟く中、いよいよ陰惨な呪い揚げの儀式が始まる。

満を持しての〈ナスの呪い揚げ〉儀式(じっさいにはパーティ仕立て)が決行される。
これは、戦中に大女優・九條摂子(姫/八千草薫)が知り合いの女優から伝授された〈秘伝〉の儀式だそう。憎い相手の名前を叫びつつ、串をナスにぶっ刺す。そしてそのナスを油で素揚げし胃の腑に収めてしまうというもの。

効果としては、呪った相手に不幸なことが起こるんだそうだ。姫(九條摂子)曰く、効果覿面なんだとか(笑)。

「やるのね時々。夜中にこっそり。それがよく効くの! 相手の人、翌日、いきなり飛ばされて、北海道に転勤になっちゃったりするの!」

その儀式に参加している、主人公の脚本家・菊村栄(えいちゃん/石坂浩二)は、こう呟く。

かつて一世を風靡したスターが、世間から忘れ去られ、ーみんなに捨てられー。独りになった孤独の恨みを、こうして霽(は)らさんと夢中になっている。
鬼気迫るその姿は、妙に悲しかった。

f:id:zocalo:20170509141820j:plain

*1:1週間遅れで更新中。5/8の日記で5/1付放映分の感想などをアップしています。